1階がお店のマンションに住んでわかったこと

1階がお店のマンションに住んでわかったこと

独身時代、1階部分でコンビニが営業しているマンションに住んだ経験があります

このエントリーをはてなブックマークに追加

独身時代、1階部分でコンビニが営業しているマンションに住んだ経験があります。
そのマンションは、確か10階建ての物件だと記憶していますが、空き物件は2階しかありませんでした。
しかも、家賃条件も範囲内、駅にも程近い立地条件とあって、ほぼ即決という形で契約を結びました。

住み始めてみて、後からこうした特殊物件の住み心地を知る事となりました。
独身ということ、更に残業も多い仕事に就いているということで、下の階にコンビニがあることは、何よりも便利だと思っていました。
現に、住み始めてから、毎日のように利用していましたから、実際にその恩恵を受けていたのです。

しかし、特に夏になりますと、困った出来事がありました。
それは騒音問題です。
クーラーが苦手な私は、電気代節約も兼ねて今までほとんど使ってきませんでした。
窓を全開にして扇風機を回せば、それで睡眠を取る事が出来ていたのです。

しかし、この物件はそれをしますと、うるささで眠れないのでした。

24時間営業ですから、深夜であってもお客さんは結構来ます。そのお客さんも、車で来る人の割合が多く、また集配トラックが明け方に毎日来る等、ほとんど静まる時間帯というものがなかったのでした。
窓を閉め切れば、当然暑い部屋となりますし、クーラーを付けて眠った翌朝は体調を崩す事も多くあり、これはどうしたものかと、本当に思い悩んだものです。

結局、そこに住んだ期間は約1年という短い期間でした。
もう少し上の階に住んでいれば、このような事はなかったと思います。神経質でなかったら、クーラーが苦手じゃなかったら、きっとコンビニが真下にあるというメリットの方を取ったでしょう。これも人生経験と思い、その後の物件選びに役立てるようにしています。

Copyright (C)20171階がお店のマンションに住んでわかったこと.All rights reserved.