1階がお店のマンションに住んでわかったこと

1階がお店のマンションに住んでわかったこと

小学生時代に家族と住んでいたマンションは、1階がスーパーでした

このエントリーをはてなブックマークに追加

小学生時代に家族と住んでいたマンションは、1階がスーパーでした。
しかも、ただのスーパーではなく、24時間営業のスーパーでした。

母は安心して子どもにお遣いを頼んでいたし、母自身も買い物が非常に楽だったはずです。
しかも、24時間営業なので、何か買い忘れがあったとしても、すぐに買いに行けます。学校で使うノートや習字の半紙などの買い忘れに夜になってから気付いても、すぐに買い物に行けるので重宝していました。

また、その後引越しをして、今度は1階に書店とクリーニング店とドラッグストアとスーパーがあるマンションに住みました。
様々なものが1階に行けば手に入るので、とても便利でした。
特に便利だったのは、やはり食品や生活必需品などが買えるスーパーです。
マンションなので、家に収納が多く無いけれど、1階がスーパーなのでたくさんの買い置きや備蓄をしなくても買いに行けば良いので、気楽でした。

1階がお店だと、前もって準備しておかなければならない義務感から開放されることが分かりました。

Copyright (C)20181階がお店のマンションに住んでわかったこと.All rights reserved.